TOP > みんぱくニュース > 法律 > 【ついに解禁!!】国家戦略特区でなにが起こるのか!?

【ついに解禁!!】国家戦略特区でなにが起こるのか!?

法律

政府は、国家戦略特区(以下特例区)での民泊を今秋にも
短期滞在者向けに解禁する方針を発表しました。

いままで特例区で民泊を運営する要件として

6泊7日以上の宿泊日数が必要でしたが、
最短で2泊3日の利用が認められることになるようです。

本来、マンションや一軒家などで民泊を運営するには
旅館業法にそった「簡易宿所」の許可が必要です。

しかし、簡易宿所の許可は建築基準法をはじめ、
都道府県の建築安全条例や消防法などのハードルも高く
気軽に民泊を運営できるという感覚ではありません。

いっぽう、特例区で民泊を運営する場合、
簡易宿所よりも、申請は難しくないものの

最低宿泊日数が6泊7日と長期滞在者向けの民泊施設でした。

運営としても参入の大きな壁になり、

ゲストの方にとってもも長期間、東京に滞在する場合は便利ですが、
国内を周遊する方にとっては利用しづらい面もあったとかとおもいます。

ですからこの宿泊日数の要件を緩めるってことは
空き家の稼働率をさらに高めやすくなりますし、

国内外含め、宿泊利用もしやすくなります。
まさに、ホストの方にもゲストの方にもいいことづくめです。

そんな当社も特例区(大田区)で民泊施設を運営しております。



これからも理念でもある”1人の旅行者の喜び”を追求し
喜んでいただける施設運営を目指していきます。
TOPに戻る